マル秘!売上アップ成功事例集

自社通販サイト立ち上げまでに必要なこと。

みなさんこんばんは。ブログの更新もようやく板についてきました笑 まさに継続は力なり。ですね。

今回は、「自社通販サイト立ち上げまでに必要なこと。」と言うテーマで筆を進めていこうと思います。
「今更?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これからネットショップを立ち上げたい!とお考えの方には多少なりともお役に立つ情報になれば幸いです。

ネットショップに興味があるけど何から手をつけていいかわからない。。。
◯天が良いの?Y◯oo!が良いの?。。。
コストはどれくらいかかるの?。。。

といったように、いざ立ち上げようと思うと色んな不安要素が出てきます。
今回はモール型のショップの場合は置いといて(後日紹介しますね)、自社サイトが立ち上がるまでのおおまかな流れをご紹介します。

1:ショッピングカートシステムの選定

これがまず初めに行うことなのですが、システムの選定には大きく分けて2パターンあります。
①自社開発やオープンソース等でシステムを構築する。
②ASPなどのカートシステムを利用する。

まず①の場合ですが、メリットとしては自社開発やオープンソースなどの場合、仕様の自由度が非常に高いので、自社の思うようなカートシステムを構築することが可能です。また、バージョアップやオープン後でも自由にシステムを改修できるのでカスタマイズも可能です。
反対にデメリットとしては初期の開発費用やカスタマイズ時のコストが高額になると言う点です。
自社開発は毎月のランニングコストは発生しません。その代わり最初の構築時とカスタマイズの際の費用がかかってきます。

次に②のASPを利用する場合ですが、
まず「ASPってなに?」と思われる方もいらっしゃると思いますので用語の解説から。
ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)とは
アプリケーションソフト等のサービス(今回の場合はショッピングカートシステム)をネットワーク経由で提供するプロバイダ(提供する会社等)のことです。
要は、自分たちで自社開発する予算はないので、既存のシステムを使って(レンタルして)ショップを立ち上げる。ということですね。
この場合のメリットは、何と言っても初期費用の低さです。(デザインやサイト制作費用は除き)
既存のシステムを使うわけですから、自社開発の必要もありませんので、自社開発と比べると格段とコストダウンすることが可能です。
反対に、ASPの場合はシステムの月額利用料が発生します。(今は無料の ASPも増えて増えてきております)
また、ASPの場合は機能の制限があり、カスタマイズの自由度はあまり期待できません。(ASPのバージョンアップのみ)

2:ドメイン、サーバの選定

システムの方針が確定したら次はドメインとサーバの選定です。ドメインはサイトのURLなので、よく考えて決めましょう。
サーバに関してですが、自社開発の場合は自前でサーバを立てるのか、レンタルするのかの選択が出てきますが、ASPの場合は基本的に毎月のシステム利用料の中にサーバ費用も含まれていますので、サーバ選定の必要はありません。

3:銀行口座の開設

決済で銀行振込みを導入される場合は銀行口座が必要になりますので新規で開設するか、今お使いの口座を利用しましょう。
これまでの経験上の話ですが、できれば通販用に口座を用意したほうが、管理しやすいかと思います。
また、ネットバンキングなどが利用可能な銀行れあれば導入するのもいいでしょう。(毎日の通帳記帳など入金確認が楽になります。)

4:カード決済の導入(審査)

カード決済は通販サイトで基本の決済方法になるので出来るだけ導入しましょう。
自社開発の場合はカード決済代行会社と直接契約をしましょう。
ASPをお使いの場合は、ほとんどのASPに提携しているカード決済代行会社があると思いますので、ASPの利用申し込み時に一緒に申し込みしましょう。

5:商品選定(価格決め)

要はMDのことですが、販売する商品の選定、価格、企画などを行い商品ラインナップを固めていきます。

6:写真撮影

販売する商品が決まったら商品の写真撮影を行いましょう。
小売店の場合、仕入先のメーカー支給の画像などがあれば積極的に活用しましょう。
写真はサイトデザインも関連してきますので、弊社のような制作会社を活用する場合は打ち合わせをしながら進めることをお勧めします。

7:サイト制作

自社開発に限らず、ASPをご利用の場合でも近頃のサービスはかなりデザインの自由度が高くなっております。
※ASPの中にはデザインのテンプレートが決まっていることもありますのでサービスの仕様をよく確認しましょう。

8:サイトOPEN!

おめでとうございます!

と、ここまでが自社サイトをOPENさせるまでのおおまかな流れです。
細かな流れは割愛しておりますので、気になる点やご質問があればお気軽にお問い合わせください!

また、ASPに関しては数多くのサービスが出ており特色もコストもばらつきがあるのでまたの機会にご説明いたします。
それではみなさま素敵な週末をお過ごし下さい〜!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 制作実績【トロピカルリゾートlomilomi】

  2. 制作実績【ホテル ラ フォレスタ】

  3. 制作実績【株式会社 Kyuホールディングス】

  1. 今更聞けない、、、CPOの設定はいくら?

  2. Googleアナリティクスで特定のアクセスを除外する方法

  3. 【便利ツールのご紹介】画像リサイズツール「縮小専用AIR」

TOP